FC2ブログ
admin⇒

Little Wings Memo

運営サイト「Little Wings」の更新記録やWeb拍手返信、のんびりとした日々の出来事の日記・呟きがあります。他PSO2SSやPSO2プレイ日記等(※管理人宅のPCに合わせてサイト管理していますのでPCでの閲覧推奨です。誹謗中傷及び無断転載お断り。記事内の画像やSSはサムネイルをクリックでご覧頂けます)

 | ~home~ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Novel・Memoに「涙色の祈り」をUPしました

皆さん、ぱっぴ~☆今年の陰暦の七夕は8/24でしたが、あえてそれに合わせて
陰暦換算で七夕SSをUPしようとしたら結果的に約2週間
過ぎてしまいました……(ヽ´Д`)
七夕の「催涙雨」の伝承(織姫と彦星の涙が下界から見た雨になるが、
白鷺が橋を架けてくれる)が好きなのでちょっと織り交ぜながら書くのは
楽しかったです(^ー^)ノ☆
(Read moreをクリックするとSSをご覧頂けます)


追伸:話は変わりますが、100万遙かを私もプレイしています。
鍛錬とかで見かけられましたら
ヨロシクです~(☆`・w・)ノ (たのもー)oO

続き↓



「涙色の祈り」



 天井を雄大に流れる、蒼く鏡のように透き通った天の川。

 紫水晶に似た輝きを放つ星屑の大河に、小さな雫がこぼれ落ちた。
浮かび上がった波紋の中へ、その涙の煌めきは同化するように
融けてゆく。

 「望美。許されるなら今一度、あなたに逢いたい」

 雫を含んで潤んだ双眸を、敦盛は静かに持ち上げる。陰暦で定められた
文月の七日が過ぎてしまったら――愛する人と再びめぐり逢うのに、
季節が一つめぐるのを待たねばならないと、痛い程に
知っていたから。 心の深い深い所が、きしむような
音を立てていた。

 ――私は、この穢れた身が背負う咎で望美を独りにさせたくはない。

 それでもただ希うだけのこの身が、ひどく苦しかった。

 

 「世界に独りなのは寂しくて苦しいから、我がままだって知ってても
祈りたい。敦盛さんに、逢えますように」

 

 澄んだ声が聴こえる先へ、右の掌を差し伸べる。淡雪が降る光景を想起させ、
透明な温かい雫が掌に舞い落ちた。

 ――忘れはしない。この感触は、望美の温もりと同じだ。

 「あなたは今、泣いているのだな……」

 敦盛が密やかに呟いたその時。瑠璃色の空に、天を突くような甲高い獣の
いななきが木霊した。

 それと同時、天の川上流から飛来する、数多の白鷺の群れ。紅い蝶を思わせる
一対の羽根を生やし、茶色と白が入り混じった毛をした猫に
引き連れられている。

 彼らは一斉に天の川へ羽根を降ろすと、横一列に橋のように並んだ。

 「スズ、すまない」

 敦盛は白鷺の群れを率いる猫――スズが滞空している上空へ視線を向ける。
かつて望美と二人で暮らしていた時から、スズには助けられて
ばかりだ。

 「僕の“さーびす”だからさっさと行け。望美をこれ以上寂しがらせては、
夫の甲斐性を疑われるぞ?」

 「そうだな」

 わざとおどけて言うスズに、思わず苦笑がこぼれてしまう。合図す
るように羽音を響かせる白鷺に促され、敦盛は白鷺の橋を
一心に駆けた。



 「敦盛さん……来てくれて、ありがとう」

 対岸まで渡りきると、望美が泣き疲れた幼子に似た表情からふっと
微笑ったのが目に飛び込んできた。

 「ああ。独りにさせて、すまなかった。私が穢れた存在であるがゆえに
あなたから引き離されてしまった事実は、望美を苦しめて
ばかりいるな」

 優しく腕の中に包み込むと、望美は胸に顔を埋めてささやいた。

 「ううん。確かに苦しかったけど、それでも敦盛さんに逢いたいって
祈っていられた間は、幸せだった」

 「そう、か……」

 愛しみで、胸の奥が針を刺されたように痛い。望美をかき抱く腕が、
微かに震えていた。

 「望美の声が届いた事、別たれても私達が互いの存在を感じられた
のは幸せだ。だが私は、たとえ今日が終わっても望美と離れたくないと
願ってしまう。またあなたを置いていって
苦しめたなら、私自身もその罪に耐えられない」

 望美の父である天帝から言い渡された定めはけして覆らないと
知っている。それでも、離れたくない意志を伝える事でしか、
望美にあがなう術を思いつかなかった。

 ――すまない、望美。

 まだ乾いた涙の感触が残る頬に両手を添え口付けると、
望美が小さく身を震わせる。

 「あのね、敦盛さん」

 翠玉の双眸を潤ませて、こちらの瞳を覗き込んでくる望美。
つややかな髪を梳りながら、黙って続きを促す。

 「お父さんが言ってたの。「そなたらは我らの元に届いた下界の民の
願いに対し、季節が一つめぐる間祈り続けられるか。それが叶えば、
そなたらが再び共に在る事を 許そう。我は穢れた身であったとしても、
やはりそなたが愛した者の本質を見極めねば
なるまい」って。 出来るなら、力を貸してくれないかな」

 「ああ」

 ふっと、望美がどこか困ったように儚げに微笑んだ。

 「ありがとう。明日から、下界の人達の為に一緒に頑張るけど……今夜だけ
は私達二人だけの幸せを願っても、我がまま
じゃないよね?」

 言の葉を紡ぐ代わりに、唇を重ねて答える。

 唇から伝わる微熱に触れながら、目の淵から小さな雫が流れ落ちるのを感じていた。

 それは、愛する人の側にいられる道を示された喜びゆえなのだろうか。

 ――わからない。だが今だけは、この幸せが続くよう祈りたい。

 | ~home~ | 

プロフィール

平結音(たいらのゆいね)/六花(りっか)の歌姫(PSO2 Ship2)

Author:平結音(たいらのゆいね)/六花(りっか)の歌姫(PSO2 Ship2)
アイコン素材:幻想素材サイトFirst Moon様よりお借りしました。
出身地:三重県
誕生日:1986年3月8日
血液型:B型

のんびりオタク&熊野工作員です。
ゲーム、文章創作全般等を好みます。
元SEGA SNS it-tells勢でした。
運営サイト:Little Wings
管理人運営企画サイト(現在は終了):
サイコロトーク式HS語り本・お花企画~はなれていても、繋がる縁(えにし)~
Google+マイページ


カテゴリ

のんびりとした日常 (88)
サイト・コンテンツ関連 (61)
Web拍手・メルフォ返信 (73)
PSO2(SS) (30)
PSO2(マスコット勢SS) (0)
PSO2(プレイ日記・公式生放送感想等) (15)
未分類 (35)

LittleWings twitter

画像をクリックすると管理人のツイートページへ飛びます。

PSO2応援中&自キャラ

PSO2_145x350_応援バナー02

1st:六花(りっか)

2nd:星花(せいか)

3rd:蘇芳(すおう)

4th;アイリス

5th;キング

現在全員Ship2所属。
ヨロシクお願い致します。

Starry☆Sky応援中

【Starry☆Sky 応援中!】

最新記事


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する

プルモア占い性格診断

無料占いサイト「プルモア」様で占ってみた管理人のインナーチャイルド・ココルです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。